トップページ | 2004年8月 »

今日のBaumkuchen KV 0

バウムクーヘン食日記です。
ぼちぼちと。

ひづめのおやど●年輪日記●
さっそくこんなページを見つけたので、参考にしながら…。

河原でバウムクーヘン作り
密かにやってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のBaumkuchen KV 2

KV2.JPG
スティックバウムクーヘン
「しっとりとしたバウムクーヘンをスティック状にカットしました。」

製造者 : 株式会社香月堂
タイプ : スティック
長さ : 14cm
重さ : 107g
年輪 : 約15本

スティックタイプのバウムクーヘン。
持った感じよりやわらか。おいしい。

株式会社香月堂 http://www.kagetsu-do.co.jp/
香月堂はなんだかさみしい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のBaumkuchen KV 1

KV1.JPG
GINZA KIMURAYA バウムクーヘン ¥105

販売者 : 株式会社木村屋總本店
タイプ : オーソドックス
外径 : 12cm
内径 : 6cm
重さ : 107g
年輪 : 約15本

記念すべき第一回は、
株式会社木村屋總本店のバウムクーヘン。
お手ごろ価格。

株式会社木村屋總本店 http://www.kimuraya-sohonten.co.jp/
株式会社木村屋總本店はあんぱんで知られているけれど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よく使うものほど使いやすいことが大事 - PC brushup op.6

もともとパソコンは、人間が行う作業を手助けするために作られたものでした。
道具ですからあたりまえなんですが。

道具であるからには、
作業をしやすくしてくれるもののはずですが、
今のパソコンは高機能になりすぎていて
どの機能を使うか選ぶのさえ大変という
贅沢かつ不合理な道具になっています。

また、快適に使うことを考えるときには
CPU・メモリなど、性能を気にするのも当然ですが、
自分がどれだけ扱いやすいかというのもかなり重要な点です。
実際、パソコン上で行う作業のうち
一番時間がかかるのは「考える時間」「入力する時間」です。
(科学計算をさせるような場合は別ですが)

考える時間はそれぞれがんばってもらうとして、
入力に時間がかかるのは道具が使いにくいからかもしれないので、
できれば手を加えたいものです(よね?)。

そう考えはじめると、
意外なほど簡単に使いやすくできるものなんです。
方針は、
よく使うものをできるだけ使いやすくすることです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう少し吟味して消すべきです - PC brushup op.5

さて、サインアップソフトが消えてすっきりしたところで、
もう少しがんばっておきます。

サインアップソフト以外で
絶対に自分では使わないソフトを探して、削除します。

会社で使うパソコンならゲームとか、
自分が子供でないと思ったらお子様用ソフトとか、
ホームページは絶対に作らない!という人はホームページ作成ソフトとか、
OASYS文書など絶対に読む機会がない!という人はOASYS Viewerとか、
(※OASYSとはWordとか一太郎と同じくワープロソフトです)
お金の管理はパソコンではしない!という人は家計簿ソフトとか
いらないソフトは必ずあるはずです。

使う人によって必要なもの必要でないものは間違いなく存在するわけで、
そのような使わないソフトの名前でプログラムの項目を埋めておく必要はありません。

とはいえ、無理にいらないものを探すというのも
時間の無駄かもしれないのでほどほどに…。
悩むなら残しておいて問題ありません。
(どっちなんでしょう)

結局は、パソコンを多く使う人ほど
メンテナンスもきちんとしておこう、ということなんです。
(結論です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトを消して嬉しいこととは? - PC brushup op.4

さて、「プログラムの追加と削除」から
プロバイダのソフトを消すときに、
ソフトウェアがハードディスクに占める容量がでていたのに
気づいたでしょうか。
消すとそれだけハードディスク空き容量が増えるというのは、
少しですが嬉しいものです。
プロバイダにサインアップするだけのソフトなのに
なぜか10MBも容量をとっていたりして、
本当にディスクの無駄遣いです。

また、「スタートメニュー」「(全ての)プログラム」から使いたいソフトを起動するのに
項目が多くて大変なことがあります。
こんな不便さも、いらないソフトを消すことで解消されます。
(消したソフトの名前が消えているはずです。)

* * * * * * * * * *

使う人の主義にもよりますが、
個人的にはminimalかつsophisticatedな
スタイルが好ましいと思います。
特に、パソコンを道具として使うときには。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロバイダが複数必要になる確率は0%(ソフトの削除) - PC brushup op.3

【手順】
メーカー製パソコンにプレインストールされるソフトウェアのうち、
間違いなく必要ないものはプロバイダのサインアップソフトウェアです。
これからプロバイダを決めるという場合でも
一番近いカメラのお店にでも行けば、
ソフトウェアの入ったCDがたくさん置いてあります。
また、ADSLなどと同時に申し込む場合は
オンラインでの契約ができないので必要ありません。

とにかく、

今回の手順ですべきことは、
全てのプロバイダサインアップソフトウェアを探し出して、
順に消去することです。

(1) 「スタートメニュー」
「全てのプログラム」もしくは「プログラム」から、プロバイダの名前を探します。
参考までに、FMV-BIBLO NB55Gで見つかる名前は、


  • @niftyでインターネット

  • AOL

  • BIGLOBEでインターネット

  • DIONプログラム

  • OCNスタートパック

  • ODNサインアップソフト

  • So-net簡単スターター

  • POINTサインアップ

  • かるがるネット


です。またFMVには富士通サービスアシスタントというソフトが入っており、
その中で添付ソフトウェア一覧
種類別
インターネット接続会社(プロバイダ)を選ぶ
とたどっても見つけることができます。

(2) (1)で見つかったプロバイダのソフトを、全てアンインストールします。
方法は、op.2にありますのでご参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトの削除(アンインストール) - PC brushup op.2

【方法】
ソフトウェアの削除は、
「諸々の都合により」
ファイルの削除ではなく、お決まりの手順を使って行います。
※エクスプローラーなどを利用して深く考えずに削除すると、
 ごみファイルが残る、ソフトを正常にインストールできなくなる、
 別のソフトウェアが起動しなくなるなどの不具合が起こることがあります。

(1) 画面左下の「スタートメニュー」
「コントロールパネル」
「プログラムの追加と削除」
の順にクリックします。

(2) 「現在インストールされているプログラムの一覧」の中から、
消したいソフトをクリックして「変更と削除」もしくは「削除」
をクリックします。

(3-a) 「削除」の場合、「全てのコンポーネントを削除しますか?」もしくは
それに似たことを聞かれたら、
「はい」もしくは「OK」を押すと、作業が行われて削除完了です。
聞かれない場合は放って置けば削除完了です。

(3-b) 「変更と削除」の場合は、「アンインストール」もしくは「削除」
もしくはそれに似た項目を選択して、「次へ」もしくは「OK」を押します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メーカー製PCには使わないソフトも多い - PC brushup op.1

メーカー製PCを買って嬉しいことの一つはソフトウェアの多さです。
プレインストールと言って、最初からたくさんのソフトウェアが入っています。

ただし、
全てのソフトが使えるものであるとは限りません。
メーカー製だからこその性。
そこで、そういったソフトをまず消すのがポイントです。

状況にもよりますが、
他のソフトをインストールしてからアンインストールするよりは
アンインストールしてから他のソフトをインストールするほうがいいでしょう。
つまり、
 ○入れる→消す
 ×消す→入れる
ということです。

※今回題材にしているのは富士通製ノートPC FMV-BIBLO NB55Gですが、
 どのメーカーのどのPCでもさほど違いはないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめに - PC brushup op.0

パソコンを買った後にすること集です。
便利になる・動作が速くなる・不要なものがなくなってすっきりする効果があります。

必ずしも楽しい作業ではないかも知れないのですが、
買ってすぐやるのが最も効果的ですよ。
パソコンのメンテナンスのことなど一度も考えたことがなかった人も、ぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HeroesC Memorandum

HeroesC Memorandum is getting started!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年8月 »